旦那の若ハゲどうにか阻止したい!

35歳の旦那様、工事現場の作業員で毎日ヘルメットをかぶっているせいか、結婚前より頭皮がうっすら見えてきました。

これが俗に言う『若ハゲ』ってやつですか?

結婚前も、確かにおでこは人より広かったかもだけど。お義父さんは素敵なロマンスグレーの髪の毛だから、まさかと思っていたんです。

まだ35歳なのに!年下の旦那様のはずが、私と年齢が離れて見られることのほうが多いんです。(もちろん旦那のほうが上に)

このままでは若ハゲまっしぐら。なんとか奥さんの愛の力で若ハゲ阻止しなくては!そこでネットで若ハゲ阻止方法を調べてみました。

・睡眠不足・食生活の乱れ・頭皮が不潔

これをまず改善させることが近道のようです。仕事がとても忙しいので、睡眠不足だし、ストレス解消のために夜遅くまでお酒を飲んでゲームをしたりしているので

夜は早めに就寝して、身体の疲れをとってもらうことにしよう。食生活も、工事現場で体力を使う仕事をしているのでボリュームのある食事が好き。

油物や、味のこってりしたものが多かったので、ヘルシーにすればダイエットにもなっていいかも。頭皮の清潔感については、ヘルメットをかぶっているのでなるべくこまめに通気させるようにしてもらって、汗もふいてもらおう!旦那様の若ハゲ阻止なるか?まだまだハゲるには早すぎるので、髪の毛よ、どうぞその場にとどまっていてください!M字はげ原因を現役皮膚科医が説明

成人式での悲しい思い出

そろそろ娘の成人式。

どんな振袖にしようかなぁ?、今の流行りは何色かなぁ?、昔ながらの正式なのが好きだな?と思いながら、娘と色々と悩んでるふりをしながら、ウキウキする幸せな時間(*´?`*)

我が娘が、もう成人式、私も育児頑張ってきたなぁ?

なんて思いながら、娘にせがまれて、懐かしい自分の成人式の写真を出してきた?

「ママわかーい!私に似てるね」

「あ、これ〇〇ちゃんのママ?」

「うっわぁーこの人変わんないねー」なんて、

キャッキャと楽しく写真を見ていて

「え、これ先生??ママ達の恩師にしては若くない?」って指差した人………泣いてやって?笑

この人は中学校の同級生です。

高校からの5年後にあったら、こんな事になってました。

いや、、娘よ!爆笑してるけど、笑ってやるなっ!!

彼は何も悪くない、彼の遺伝子を恨んでやってくれ…笑

そして覚悟して成人式に参列しろ!!

必ず1?2人は、かわいらしい中学卒業のあの日から、年月を早送りしすぎたような、若ハゲくんが、あんたの成人式にもしれっと現れるはず………(? ???ε ??? ?)

一気に大人の階段に向かって走りすぎて行きすぎちゃった人がいるはず………

月日の流れって残酷だね。

その彼、学年トップ3を争うモテモテ君だったんだよ。

うん、誰も写真撮影もとめなかったけどね!笑笑http://anupamsrivastava.com/

葬式での異常な数のハゲ

これは数年前じいちゃんが死んだ時に行われた葬式での出来事である。
その日私達家族はじいちゃんの葬式に参加していた。

家族葬ではなく普通の葬式だったためじいちゃんの友達や生前勤めていた会社の仲間達、老人ホームの皆さんなど100人を超える人達がじいちゃんの葬式に参加していた。

私達は身内で子供なので、葬儀の受付を担当しなければならなくて、受付を初めて10分ほど経ったくらいにある一つの事に気付いたのである。それは、葬儀に訪れた男性の髪がほとんどハゲているのである。じいちゃんが死んだのが50代の中頃だったのですごくびっくりした。
しかもそのハゲのほとんどがM字ハゲだったのである。
この事に気付いた僕は思わず2度見をしてしまい、一部の人に冷たい目で見られたのと父さんに「お前何をしているんだ」と怒られたのを覚えている。
葬儀中も受付をしていたのでしばらくはあのハゲを見ることはなかったが問題はその後の遺体が霊柩車で運ばれる時である。当然皆さんが見送るわけだからあのハゲをもう一度見てしまう事になる。案の定ハゲは列をなして見送っていた。僕はこの時本当に笑いそうになった。こちら

再び抜け毛に悩まされる

ある日、私がブラシで髪を整えていたら再び髪が大量に抜けてしまいました。しかも右後ろの髪が一気に、引っ張るかのような抜け方だったので、「またこんなことになるとは」と思いました。

今までの髪が抜けていくパターンを考えていけば、最終的には一部分が円形に禿げてしまっているので、やっぱり「若禿げ」の一つなのかな、ともふと思うほど悩みました。

訳あってインターネットで一度薄毛について調べた時の事を思い出すと、私のように一部分だけごっそりと抜けていき、最終的には硬貨程度の大きさの円形状に禿げる状態の事を「10円禿げ」と呼ばれ、若禿げの一つに数えられていたことが現状と重なって、本当にまたなってしまったなとため息をつきそうにもなりました。

幸いにも左側の髪は全く異常がなかったのですが、どうしても右後ろだけ何度もかゆくなってしまいます。

その翌日になると、ヘアブラシを使う頻度が多くなってしまいました。もちろん、そのたびに右後ろだけだんだん禿げていってしまい、あまりにも痒すぎて平たいものに痒い部分を当てたり、保冷剤で痒い部分を冷やしたりなど試行錯誤したりもしました、しかし症状はどんどん悪化していくだけです。

もちろん原因はいつもの炎症からなっていました。ヘアブラシを使うたびに「ドラッグストアで『ムヒHD』みたいな頭皮の薬が売ってあればいいのに」という理屈を言いたくなります。若ハゲ治療最前線!